読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【艦これ】無言提督と娘たち【二次創作小説】

艦隊これくしょん・艦これ の二次創作小説を投稿します。

第二話 「です!」

「・・・ここが鎮守府か」

 

俺は停泊場から徒歩で移動し、

3km程離れた場所の

大きな鉄柵の扉の前についた。

 

柵の隙間から見える景色だけでも

十分わかる程、建物が大きい。

 

流石、艦娘たちを100人以上住ませられる

建物といった所か。

いや、一種の町と言っても過言ではないだろう。

 

「い、インターホンとか無いのかな?」

 

扉の周りを見てみるが

そのような物が見当たらない。

 

「・・・勝手に入っちゃいますよ~?」

 

いいんだよな。

俺、提督なんだし。

 

その前に、鍵開いてるのかな?

 

まあ、鍵とか軍服とか軍刀とかは

俺の部屋になる場所に置いてあるって言ってたし

開いてなきゃおかしいよなぁ。

 

「おじゃましま~す...」

 

俺は恐る恐る扉を開けた。

 

ギギ~ッと

鉄が軋むような音が鳴ると同時に……

 

『侵入者発見! 侵入者発見!』

 

大音量のブザー音とともに

機械音声の警告が鳴り響く。

 

「・・・えっ?」

 

そんな光景を前に俺は、ただポカーンと

していることしかできなかった。

 

しばらくすると

建物の方から人影がこちらへ

向かってくるのが見えた。

 

多分、俺が配属される前に

ココを管理していた人だろう。

でも、あれ? 小さくね?

 

ヤバイ、誤解されて通報されたらどうしよう。

絶対に後で誤解は解けるだろうが

絶対に笑いものになる。

目立つのを嫌う俺にとって一番ツライ...

でも、あれ? 人影小さくね?

 

(……な、なんとしても逃げなくては)

俺は180°回転して走り去ろうとしたが。

 

「こ、こら~! 逃げちゃダメなのです!」

 

「げっ、人影に気づくのが遅かったか...」

 

トテトテという可愛らしい擬音が似合いそうな走りで、

小さい人影がやって来たのだが。

 

「あっ! ……うぅ、痛いのです」

 

おもいっきし、ズコっとコケた。

 

その様子をボケっと見てると、ゆったりと立ち上がり、

膝や服についた砂を手で払って……

まるで、先程の事はなかったかのように。

 

「ご、ごほん! 

ココに来てから侵入者なんて初めてなのです。

なんでこんな事をしたのか不思議なのです!」

 

人影の正体は小さな女の子だった。

まあ、女の子が一人でこんなところ居るわけがないので

多分、艦娘なのだろう。

 

「あ、あ~......」

 

「なんか言うのです!」

 

・・・うん、そりゃ話しかけてくるよな。

 

どうしよう、

どうしようどうしようどうしよう

どうしようどうしようどうしよう

どうしようどうしようどうしよう

 

人と話すのが俺にとって、人(正確には艦娘だが)と

話すのは、150%無理な話だ。

でも、話さないことには話が進まない。

はぁ……覚悟を決めるか。

 

「あの…… え~…… うぅ……」

 

やはり言葉が詰まる。

これがコミュ症の性<さが>か...

 

諦めかけていたその時、

ポケットに入っているものを思い出した。

 

あ、これ見せればいいじゃん。

まあ、さっき貰ったのコピーだけど

多分大丈夫だろう。

 

俺はポケットからしわくちゃになりかけの

紙を取り出して広げてみせた。

 

「あ、これってですね。……証明書?

えっ! 提督さんだったのですか?!」

 

【提督】「……」

 

コクリ、と頷く。

 

「ほ、本当に申し訳ないのです!

まさか提督さんが【裏口】から

入ってくるなんて

思っていなかったのです...」

 

ん? 今なんと?

 

「道なりに真っ直ぐコチラに来れば

絶対に正面から入るはずなのに……

なぜ裏口に来たのか不思議なのです」

 

……オブラートに包んで罵倒された。

 

「…………」

 

「……さあ、早く入るのです。

っと、その前に自己紹介忘れていたのです」

 

あ、そういえばこの子の名前聞いてなかった。

 

「私の名前は電と書いて<いなづま>です!

これからよろしくお願いするのです。

……面倒は見てあげるから大丈夫なのです」

 

「う・・・・・・・・」

 

子供にめっちゃ心配されてるぅ!

一生の不覚……

 

……人は第一印象で決まるというが、

俺の第一印象... 最悪になったな。

 

はぁ~、この先が不安だ。